衛生検査実績

《京都府・110席規模》焼肉店 (2022/5更新)

規模

 テーブル60席 座敷50席

立地

駅徒歩10分 

お客様の声

お店がオープンして数十年が経ち、店舗の老朽化や当初からの厨房機器も古くなってきており、清掃にも時間がかかる事で、後回しになっていました。 衛生検査では指摘箇所も多く、どこから手を付ければいいのか最初のころは大変でした。
しかし物事には順序があることや、効率的に衛生管理をする方法などもお話して頂き、本当に助かりました。日々の調理で追われていましたが、今では同時に衛生管理も組み入れる事が出来てきています。

管理スタッフのコメント

弊社では衛生管理にお金をかけてするのではなく、今ある現状でどのように改善すれば良いのかを提案させて頂いております。
HACCPシステムを最初から導入している店舗ばかりではなく、設備の問題、人の問題など様々な条件の中、実際に作業をされているスタッフ様がいかに効率よく衛生管理に取り込むことが出来るかが課題だと思っています。

  • 焼肉店の画像

《三重県・72席規模》レストラン店 (2022/4更新)

規模

 テーブル48席 座敷24席

立地

駅徒歩10分 

お客様の声

衛生管理の指導を受け、数年が経ちますが、毎回の検査時はどのような指摘があるか心配になります。
ご指導いただいたことは次回までには改善し、内部でも話し合い、日々の衛生管理には気を使い作業をしています。
お陰様でアルバイトやパートの方も意識が高くなり、こちらが言わなくても、進んで掃除や片づけをしてくれています。指摘された衛生的に問題があった箇所は直ぐに改善し、良く理解して、再度指摘が無いようになりました。 しかし、毎回の検査時には、気がつかなかった所を指摘される事があり、継続的な外部検査に必要性を感じています。

管理スタッフのコメント

オープン当時から訪問させて頂いており、新築の施設でしたが、当初は衛生管理も整わず、数か月の間に厨房内は汚れが目立つようになり、スタッフにも纏まりが無い状態でした。何度も改善のお話や指摘箇所の説明をさせて頂き、スタッフ全員が同じ意識を持つようになられ、厨房内の衛生管理が安定してきました。日々の作業効率もよくなり、習慣性が出てきました。毎月の検査時には快く向き合ってくださいますので、いつまでも綺麗な厨房を保ってもらうため今月も張り切って訪問させて頂きます。

  • レストラン店の画像

《兵庫県・36席規模》中華ラーメン店 (2022/3更新)

規模

 テーブル36席

立地

駅徒歩2分 

お客様の声

衛生検査を導入し数年が経ちますが、当初から指摘されていた「フード清掃」が改善出来ず、毎回指摘。周りを清掃しても、日々目の前の作業に追われなかなか改善が出来ない状態です。長年の汚れが溜まり、大掛かりな清掃にも時間がかかり、時間も制限があるため諦めていることもあります。出来るだけ、コツコツと進めていますが、繰り返すことが多く困っています。

管理スタッフのコメント

衛生管理の確立に必ず必要な事は、『トップの意識と現場把握』です。
設備の不備や、弊社の様な外部監査を導入する前の管理により蓄積された汚れなどは現場スタッフだけでは限界もあります。
今回の店舗様は、フードが大きく以前からの汚れが蓄積されています。汚れは上から下に広がるためフードの汚れにより、全体の空気循環が悪くなり、様々な機器や調理台全体にも影響し、それに伴い細菌の増殖も促してしまいます。 スタッフでは限界の部分は設備投資も必要となりますが、店舗全体の清潔環境を作ることで、効率よく作業が進み売り上げにも繋がると思っています。

  • フード清掃の画像

《兵庫県・50席規模》中華レストラン店 (2022/2更新)

規模

 テーブル50席

立地

郊外 

お客様の声

飲食に来てくださったお客様から、店内エアコンのフィルター汚れを指摘され、直ぐに清掃しました。衛生管理サポートを受けて数年が経ち、検査項目に入っていることも判っていましたが、見落としてしまったことが原因で、お客様からのクレームを出してしまいました。衛生管理マネージメントサポートの際に「清掃計画表の作成」を指導いただいていたのですが、日々の作業に追われ、後回しにしていました。
やはり店内や厨房の清掃は計画表に基づいてやっていくことで、この様な見落としがなくなるのだと改めて気づかされました。

管理スタッフのコメント

コロナ禍ということもあり、店内の空気循環にお客様も過敏になっています。エアコンや空気設備に不備があると室内の空気が汚染されていきます。またお客様からは厨房内はあまり見えませんが、客室の管理状態からお店の清潔度を判断される事があります。清掃計画表を作成し、実行、改善を繰り返すことで安定した店内を保つ事ができますので、お客様から信頼を得るお店になっていただくためにも今後ともしっかりとサポートさせ頂きます。清潔で安心して食事を楽しんでいただけるよう、万全の体制で食を提供してまいりましょう!

  • 業務用エアコンの画像

《三重県・100席規模》レストラン店 (2022/1更新)

規模

 テーブル80席 座敷20席

立地

駅徒歩10分 

お客様の声

毎月の衛生検査を受け、従業も自然と衛生面に気を使い、習慣の様に清掃も出来る様になって来ました。最初は目の前の作業をこなすのが精いっぱいで、言われるとわかっているが、中々出来ない状態でした。まずは、一斉に整理整頓を常にやっていくことを意識し、清掃は場所によって実施する日を決め、大変でしたが決めたことはやりました。
特に天井からフードにかけて、いつも汚れていたため、汚れは上から清掃することで通常使う作業台もスムーズに清掃出来る事を指摘され、今では全体が見える様になって来ました。
環境整理はこのように怠らず、後は個人衛生の確立をしっかりとやっていかなければ思っています。この時期はノロウイルス対策が必要で、一番は手洗いが重要、ここだけは怠らず常に手洗いをするようご指摘いただきました。事故のほとんどは人の手からであると言われ、手袋を着用していますが、気を抜かず手洗いを徹底していきます。

管理スタッフのコメント

この時期はノロウイルスが流行る時期でもあります。ノロウイルスは食材からの原因もありますが、人の手を介して起こることが殆どです。寒い時期で、手洗いは辛いですが、食品に携わる方は手洗いは一つの作業です。この工程を疎かにすることで事故が起こり易くなりますので、重要な作業となります。
またノロウイルスは通常のアルコールは効果がありません。次亜塩素酸ナトリウムを使用することになるのですが、間違った使い方は危険ですので、正しい希釈と正しい使い方が重要となります。弊社が取り扱っているステリアップは、食品添加物や原材料でありながらノロウイルスにも効果があるため、お勧めしています。寒い時期で食中毒が起こり難いと思われがちですが、そうではありません。細菌は死滅していませんので、気が抜けない時期でもあります。引き続き安全な食を提供できるよう衛生管理サポートをさせていただきます。

  • 手の画像

《京都府・80席規模》焼肉レストラン店 (2021/12更新)

規模

 テーブル80席

立地

駅徒歩10分 

お客様の声

衛生検査を受けて数か月がたちます。マインズマックのサポート導入前のクセが抜けず、今回も洗浄機の専用トレーのラックを床に置いてしまうということがありました。器具的にもやや大きい物なので、床に置くことが便利になっていました。しかしこれは食器を洗うためのラックであり、食器と同じ部類と考える事を教えて頂き、自宅の食器は床に保管されますか?と尋ねられ。気が付くことがありました。
指摘されると簡単なことですが、キッチンでは仕事は作業場となり、効率的な動作を優先してしまい、清潔とは何かを優先し、スタッフ全員が同じ意識をもたないといけないのだとわかりました。

管理スタッフのコメント

日々の作業は大変な中、効率的に作業を行うことは大事だと思います。しかし、『衛生的で効率が良い』ということがベストであり、食を扱うことは衛生的が最優先になります。床に保管しても良いとされるものは、ごみ箱のみとなりますので、床は最も不衛生な箇所だと思って頂けたら、今回のラックも床に保管される事はないと思います。今までの癖も、食を扱うプロとしての意識を持って新しい習慣になって頂けると良いと思います。

  • 洗浄機の画像

《大阪府・40席規模》鳥料理店  (2021/11更新)

規模

 テーブル40席

立地

駅徒歩5分 

お客様の声

衛生検査を受けて数か月がたちます。全般の指摘箇所がわかり、日々安定させることが大切だということで取り組んできました。新しい人材も増え、また一からの指導が必要となるのですが、時間が経てば、初心を忘れる者も増えてきています。今回の指摘でも基本となる手洗いが疎かになっている事が解りました。初めてのころはマニュアルも意識をしながら行っていたことが、今では時間を優先し疎かな手洗いになっていました。内部にいると見えていないところや、やっているだろうと過信しているところがあり、こういった定期的な衛生監査により、気づかせてもらうところが多く助かっています。 またいつ監査が来るかなど、スタッフも意識をするようになったこともよかったと思っています。

管理スタッフのコメント

本当に正しい手洗いをされている飲食店がどれだけあるでしょうか。ここでもう一度正しい手洗いのタイミングをお伝えしました。手洗いのタイミングとしましてはまず非常に不衛生なことから、トイレの後、そして調理場の基本ですが、調理場に入る時、微生物の汚染源となる恐れがある食品に触れた時、加熱工程が無い食品に触れる前、盛り付け作業の前、廃棄物を処理した後、掃除をした後などです。このタイミングに正しい手洗いを行う必要があります。不十分は手洗いにより、人の手を介し食中毒事故が起こってしまいます。手洗いは基本であり、最も重要な工程です。食を扱う責務として常に気が抜けないところです。

  • 鳥料理店の画像

《兵庫県・40席規模》中華料理店  (2021/10更新)

規模

 テーブル34席 カウンター6席

立地

駅徒歩1分 

お客様の声

衛生検査を受けて数か月がたちます。一つ一つ改善を行って行く中で、見えてなかったことが多くあったと感じました。冷蔵庫内の保管状態にしても、間違った保管方法をしてしまうと事故が起きる可能性もあると知りました。大きな冷蔵庫であれば精肉と野菜など専用冷蔵庫に出来るのですが、スペースが無い場合は、上段下段と保管食材を分けなければいけないことや、冷蔵庫内部の整理整頓が非常に大事で、食材を探すのにドアを開けたままにしてしまうことがよくありましたが、そのことで内部の食材にどんな影響をあたえてしまうことなど丁寧に指導していただき、非常に助かっています。

管理スタッフのコメント

食品を扱う業態にとって、冷蔵庫の状態は非常に大事です。当然のことですが、内部の清掃は常に清潔にし、見落としがち(怠ってしまう箇所)は内部の整理整頓で、内部の清掃と同様に大事なことです。 加熱処理がされた食材やサラダ類の食材と、非加熱状態の食材の接触は非常に危険で、非加熱食材は殺菌されていない状態ですので、殺菌処理がされていない食材からの汚染があり食中毒事故が懸念されます。また内部の食材を探すためドア15秒前後あけていることにより内部温度が、通常より10℃以上も上がってしまいます。食材劣化にも影響を与えるため、内部の整理整頓は非常に大事な作業です。

  • 中華料理店の画像

《京都府・108席規模》焼肉店  (2021/9更新)

規模

 テーブル17席

立地

駅徒歩10分 

お客様の声

従事するスタッフ体制が、社員が2人で、後は殆どアルバイトで組んでいます。衛生管理について、清掃などを指示するとスタッフも動いてくれますが、指示しないことは自らは行動しない状態でした。社員は自分たちで全てやっていましたが、中々追いつかない状態でオーダー品を出すことが優先され、厨房内の清掃も後回しになり、毎日の汚れが蓄積することで清掃に時間と動力がかかり困っていました。
しかし現在はマインズマックさんの衛生管理マネージメントサポートを受けることで全員の意識が変わり、スタッフ全員でミーティングを行い、持ち場担当なども決め、個々に責任感を持ってもらうことで徐々に清掃が出来る様になって来ました。

管理スタッフのコメント

衛生管理は一人では出来ません。従事されるスタッフ全員が同じ気持ち、同じレベルになることで安定した厨房衛生が確立します。社員やアルバイトという区別はなく、同じスタッフ様として清潔な食材を提供するためは、どうしたらいいのかを、常に視野を広げ、常に注意を払うことが大切です。
その為にミーティングやコミュニケーションも頻繁に行い、「口に入れるものを取り扱っている」「人の命を預かっている」といっても過言でないお仕事だという認識が大事になります。
引き続き衛生管理のサポートをさせていただきますので、清潔で安心安全なお店であり続けましょう!

  • 焼肉店の画像

《兵庫県・35席規模》中華料理店  (2021/8更新)

規模

 テーブル27席 カウンター8席

立地

駅徒歩3分 

お客様の声

毎月の衛生管理マネージメントサポートを依頼し、最初の数か月は訪問日の連絡をいただいておりましたが、今では抜き打ちで来てもらっています。
いつも『まず整理整頓を!』と言われていましたが、中々出来ず、衛生状態が安定しない状態が続きました。衛生状態を安定させるためには、整理整頓を確立しなければいけないことの意味を教わり、そこから一斉に備品や食器、書類などの保管方法を見直し、ケースに纏めてたりして工夫してみました。以前より清掃がし易くなり効率がよくなりました。

管理スタッフのコメント

食品衛生管理の基本となるポイントは、7Sです。
整理(Seiri) 、整頓(Seiton)、清掃(Seisou) 、洗浄(Senjou)、殺菌(Sakkin)、躾(Shitsuke) 、清潔(Seiketsu)の頭文字をとり7Sと言います。またこの順番も大切で、整理整頓が出来なければ、清掃が出来ません。このように整理整頓清掃、洗浄殺菌をしつける事が清潔に繋がるということです。言い換えれば、整理整頓が確立出来なければ、清潔な状態になりませんので、これからも常に基本を重点的にお伝えしていきます。

  • 中華料理店の画像

《兵庫県・50席規模》中華レストラン店  (2021/7更新)

規模

 テーブル50席

立地

駅徒歩3分 

お客様の声

非常事態宣言が解除されましたが、まだまだコロナ過であり、コロナ対策を含め衛生管理を徹底していかないといけないと思います。 また食中毒が起こり易い梅雨の時期でもありますので、食材の取り扱いにも細心の注意を払わなければなりません。 
日頃の作業中では忙しさに気を取られ、作業効率を優先し、床近くに食材を保管したりと間違った方法もありましたが、マインズマックさんにご指摘頂き、ハッととすることが多く、納得するご指摘に助かっています。

管理スタッフのコメント

コロナ過であってもお忙しいお店ですが、忙しい時こそ事故が起こり易いため、細心の注意が必要となります。日常作業では、見えなくなってしまうこともありますので、当社のような外部機関検査を実施される事で今まで出来ないと思っていたことが、出来る様に工夫したり、意識が薄かったスタッフ様も毎月の訪問時に声をかけてくださったり、また様々な質問をお聞きし、衛生管理に前向きに取り組まれているので、お客様も安心してご来店いただけるお店になっていると思います。引き続き衛生検査サポートをしっかりさせていただきますので、活気ある飲食店舗であり続けてください!

  • 中華レストラン店の画像

《京都府・120席規模》焼肉レストラン店  (2021/6更新)

規模

 テーブル120席

立地

駅徒歩10分 

お客様の声

コロナ過で、時短営業になりお客様も少なく、作業に余裕が出来ましたので、日頃出来ていない所の清掃を実施しています。しかし、自分たちの中では「出来ている」と思っても毎月の衛生検査では、こちらが気が付かなかった箇所などをご指摘いただき、改めて気が付くことができ、非常にあり難いと思っています。 またなぜその指摘箇所なのかも理由がわかり、毎月の衛生検査サポートは助かっています。

管理スタッフのコメント

このご時世ですので、飲食店様は非常に厳しい状況ですが、その中でも衛生意識を高め、日々頑張っておられます。 しかし常に同じ場所で作業をされていますと、作業状況や景色にも慣れてしまい、うっかりミスや見落としがあります。
私たちは、第三者としてありのままの指摘をさせて頂きます。現状では内部的には無理と思っていることも、第三者機関だからお伝えできることがあり、それによって改善意識が高まり衛生的なお店へと繋がっていくと思っています。

  • 焼肉レストラン店の画像

《兵庫県・50席規模》中華レストラン店  (2021/5更新)

規模

 テーブル40席 カウンター10席

立地

郊外

お客様の声

HACCP義務化がもうすぐ始まるにあたり、日頃の作業工程や一般衛生管理など書類化しないといけないという事で、毎月衛生検査サポートをお願いしているマインズマックさんに詳しい資料もご用意頂き、とても助かりました。また毎月検査でアドバイスを貰い、一般衛生管理についても日頃実施していることなので、書類化には問題はなかったです。
書類化は出来ても、継続的に持続出来ているかなどはマインズマックさんの様な第三者機関に入ってもらうことで、現場が引き締まるのではないかと思っています。

管理スタッフのコメント

海外では当たり前のHACCPですが、日本はまだまだ制度化されていない頃から、いずれは日本も必ずHACCPが義務化されると思い、早くからリテールハサップを取り入れ衛生管理の手法を提案させて頂いておりましたので問題なく進められて安堵しております。基本となる土台をしっかりと固める事で衛生管理は構築が可能となります。これからも清潔なお店を目指して、アドバイスさせて頂きます。

  • 中華レストランの画像

《京都府・100席規模》焼肉ダイニング店  (2021/4更新)

規模

 テーブル90席 カウンター10席

立地

駅徒歩3分

お客様の声

思ってもいなかった新型コロナの感染拡大により、時短営業が続き客足も減り大変な状況です。感染要因は飲食店が殆どと的にされ、日々気を抜けない状況です。 また食品衛生法の改正により、6月にはHACCP義務化が施行されますので、必要となる書類作成を進めています。 一年前からマインズ・マックさんから詳細をお聞きしていましたので、スムーズに作成できました!今までやってきた衛生管理を書類化するということですので問題はなかったです。

管理スタッフのコメント

飲食店様は日々大変な中、従業員の感染予防は勿論、お客様の感染予防にもご苦労されています。
その中でも、HACCP義務化は進んでいますので、6月に必要書類の作成が必要になります。
早い段階から、日々の衛生管理は計画的に実行されていますが、スタッフの入れ替え等で衛生管理面は不安定になり易いので、安定した管理が出来る様アドバイスさせて頂きます。

  • 焼き肉店の画像

《兵庫県・40席規模》中華料理店  (2021/3更新)

規模

 テーブル32席 カウンター6席

立地

駅徒歩5分

お客様の声

今や新型コロナウイルスの感染拡大により、ウイルスについて少し知識が付きましたが、微生物については、知識があまりありませんでした。しかし、衛生管理について指導を受け、解り易い資料や説明をして頂きましたので、スタッフの意識が変わり、食材の取り扱い方や清掃についても、ただ言われるがままに行っていた時と意味を理解した上での行いでは全く違ってきました。専門家に衛生指導を受ける事はとても必要なことだと実感しました。

管理スタッフのコメント

料理の手順や掃除の手順など、基本的な事はどこのお店でも、新しく入ったスタッフにも指導されますが、衛生管理については、どうしてこうしないといけないのか。と疑問に思わず、言われたらする!というスタイルが一般的です。しかし何のために、どうしてこうするのかをご理解いただけると、スタッフ自らが進んで衛生管理に取り組んでくれるようになります。その日々の努力(安心・安全であるための行動)がお客様の笑顔に繋がり、人気のお店になると思います。

  • 厨房の画像

《大阪府・60席規模》カフェダイニング  (2021/2更新)

規模

 テーブル12席 カウンター10席

立地

駅徒歩5分

お客様の声

衛生管理について、アルコールですら厨房に設置していなかった以前と比べると、マインズマックの衛生管理サポートのおかげで全スタッフ感染対策意識ができるようになりました。
コロナ過により感染対策としてアルコールを設置する様になりましたが、食品衛生ではアルコール消毒の徹底は基本であることを、改めて理解しました。
現在は、コロナの影響で前年に比べるとお客様も減少して大変な状況ではありますが、手が空く時間がありますので、こう言う時こそ清掃計画の見直しや、コロナ対策としての感染予防もしっかり組み込み、ご指導いただきながら衛生管理を確立していきたいと思います。

管理スタッフのコメント

感染対策の基本である、手洗いや様々な箇所の洗浄殺菌は食品衛生でも基本の行動になります。
今や消費者の意識も日に日に高まる中、食の安全、安心を提供できるお店としてより一層の衛生意識が必要となります。
殺菌と言うところに到達するまでには、整理、整頓、清掃の確立をまず整える必要がありますので、そういったところの衛生管理をお手伝いさせて頂きたいと思います。

  • カフェダイニングの画像

《兵庫県・60席規模》 中華レストラン (2021/1更新)

規模

テーブル12席 カウンター8席

立地

駅徒歩15分  

お客様の声

衛生検査をお願いしてから、毎回指摘箇所にハッとさせられます。作業場所に入ってしまうと日頃の慣れから、気が付いていなかったり、見えていないところがあり、第三者からの指摘や指導により、当たり前の事だが、気づかされています。
また、郷に入れば郷に従えで、第三者から指摘を受けなければ、間違いを間違いと思わなくなっていました。 第三者機関の衛生検査はお客様の目線でもありますし、これからも続けて貰いたいと思います。

管理スタッフのコメント

様々な業態や厨房設備、またシフトにより人材不足など、個々に管理不足による問題点がありますが、内部の問題点を考慮することなく、第三者の目線から常に指摘をさせて頂きます。
日頃の作業に慣れると、間違いも当たり前になることがあります。事故の原因は、殆どはヒューマンエラーですので、これからもお一人お一人に危機意識を持って頂くようご指導させて頂きます。

  • 厨房の画像

《三重県・100席規模》 レストラン (2020/12更新)

規模

テーブル50席 個室48席

立地

駅徒歩10分 

お客様の声

新型コロナウイルスの感染拡大により、一時は臨時休業にもなり、不安もありました。
新たな感染対策も導入しましたが、以前から毎月の衛生検査指導に入って頂いているおかげで、手洗いや手の除菌は勿論、厨房内やホールの洗浄殺菌を常に行っていましたので、今になって当たり前ではありますが、衛生管理の必要性が解り、続けていかなければならないと思いました。

管理スタッフのコメント

新型コロナウイルスにより、この様は事態になるとは思ってもみませんでしたが、感染対策として必要な事は、食品衛生では当たり前の事で、今までもお願いしてきたことでした。 少し追加された対策もありますが。。。お陰様で、検査に入らせて頂いており順調に営業をされております。
これからも油断せず、安心してご利用いただける食の場を提供し続けられるよう、しっかりと衛生管理サポートさせて頂きます。

  • レストランの画像

《兵庫県・120席規模》 中華料理店 (2020/11更新)

規模

テーブル50席 カウンター8席

立地

郊外施設

お客様の声

衛生検査を始めたころは、検査員の方があらさがしに来ているように思え、指摘されても、日々の作業の中で難しいと思い、中々前に進みませんでした。
しかし、毎月の衛生管理サポート(検査日)で話を伺うごとに必要性を感じ、日々の作業で見えていなかったところや、食品を扱っているのにどこか、手順道理に注文を出すことだけに意識を向けていたことに気づきました。
内部事情で出来ない理由を探していたことも、外部検査によって、どうすればいいのか?と自分たちで考える様になりました。
これからも、気を常に引き締めるため、外部検査は必要だと思いました。

管理スタッフのコメント

衛生管理の基本は「7S」です。この重要性について常にお話させて頂きました。
7Sの確立には、時間もかかりますが、これが出来るとスタッフ様の意識も変わってきます。
商品をマニュアル通りに、早く提供することも大事ですが、安全で安心な商品を提供することが最も大事な事です。
衛生管理が出来ているお店は必ずお客様に求められると信じ、毎月検査させて頂きます。これからもよろしくお願いいたします!

  • 中華料理店消毒の画像

《京都府・120席規模》 焼肉店 (2020/10更新)

規模

テーブル20席 座敷8室

立地

駅近 徒歩3分

お客様の声

日々の忙しさなどでどこか風化してしまい、衛生管理の意識が薄れがちですが、毎月の衛生検査サポートがある事でスタッフの意識や行動も変わってきましたので毎月検査は必要だと思います。内部にいると気が付かないところも外部からの指摘により、はっとさせられ、本当にあり難いです。

管理スタッフのコメント

責任者の方は、衛生管理に前向きに取り組んで居られますが、シフトにより担当者がかわると日によって管理状態にムラがありますので、まずはスタッフの意識改善を進めさせて頂いています。衛生管理の確立は、お一人では出来ません。アルバイトの方や社員の方、関係なく携わるスタッフ全員で取り組まなければなりません。飲食は口にするものを提供していますので、極端に言えば人の命を預かっているようなものです。
しかし、日々の作業に慣れ、衛生管理を忘れがちになって居られますので、やや厳しい指摘をさせて貰ってますが、これも食の安全や安心を守るために必要なことですので、最近ではアルバイトの方々もその意識が高まってきたと思います。

  • 焼肉店の画像

《兵庫県・約48席規模》 中華料理店 (2020/09更新)

規模

テーブル12席

立地

駅近 徒歩3分

お客様の声

スタッフの衛生意識が低く、何度注意しても理解しておらず大変困っていましたが、衛生管理の重要性や色々とご指摘をいただき、毎月の検査とご指導により、気が付かせられスタッフの意識も少しづつ変わってきました。これからも衛生管理の徹底を行っていきたいと思いますので、毎月の衛生管理サポートを引き続きお願いします。

管理スタッフのコメント

日頃の仕込みや料理に気を取られ、食品を扱うという意識がどことなく作業となり、衛生的に取り扱うという、基本的な所の意識が薄くなっていました。
なぜ、この様な取扱いをしないといけないのか?
もし反対にご自身がお客様であったならどうか?
もし事故が起こった場合など・・・起こり易い事例などをお話させて頂きました。
お料理の味は勿論ですが、衛生管理を徹底されているお店は、必ずお客様から求められるお店になると思います。

  • 中華料理店の画像

《京都府・約80席規模》 焼肉店(2020/08更新)

規模

カウンター8席 テーブル70席

立地

駅近 徒歩3分

お客様の声

毎月訪問の指摘箇所や改善箇所を後日スタッフ全員でミーティングを行い、衛生管理の重要性が徐々に全スタッフに伝わり意識が変わってきたと思います。

管理スタッフのコメント

毎月訪問させて頂いておりますが、衛生管理はトップ(例えば店長様)とアルバイトの方までが一丸となって取り組む事で確立しますので一人ではできません。こちらの焼肉店様は、パートやアルバイトの方が清潔な状態に清掃することを自然に出来ているので安定した管理が出来てきました。
そうすることで「次に何が必要か」、「もっと効率をよくするには?」という次のステップに目を向ける事が出来るのだと改めて感じました。

  • 調理の画像

《京都府・約100席規模》 焼肉店(2020/07更新)

規模

カウンター10席 テーブル48席 個室42席

立地

駅近 徒歩3分

お客様の声

毎月の衛生検査については、いつも身が引き締まる思いです。日頃の作業に追われ見えていなかった部分に毎回気づかされますので、外部監査は良いことだと思います。

管理スタッフのコメント

毎月検査訪問をさせて頂いておりますが、従事スタッフ全員に清潔意識があり、指摘箇所にも即時対応されています。
衛生管理は一人では出来ませんので同じ意識を持つことは、シフトでスタッフが入れ替わっても安定した管理ができます。
組織(店舗)のリーダーや経営者の行動が、衛生管理の安定に繋がることだと思いました。

  • 焼肉店の画像

《兵庫県・35席規模》 中華料理店(2020/06更新)

規模

カウンター8席 テーブル27席

立地

駅から徒歩5分圏内

お客様の声

訪問検査の食品衛生管理サポートを導入したことにより、スタッフが厨房内の清掃や食材の取り扱いにも気を配る様になりました。衛生管理に対する意識が少しずつ変わってきたように思います。

管理スタッフのコメント

中華料理店は、業態的に油をたくさん使うため、特に油汚れを清掃することが必要になります。また炒めるメニューが多いため、食材も常温保管が多く見られ正しい衛生管理の方法をサポートさせていただきました。
チャーハンに使う玉子の保管についても、いつ食中毒事故が起こってもおかしくない状態で、食材の取り扱いについても徹底した管理が必要です。
お客様目線で店内に入った印象は『脂ぎった臭い』でしたが脂ぎった臭いは衛生的ではなく、臭いにより害虫の誘因原因にもなります。
衛生的なお店が求められる時代です。味の美味しさは勿論ですが、衛生管理の徹底が、お店の売り上げにも比例すると思いますので、HACCP制度の考え方を取り入れた衛生管理サポート(定期的に訪問し検査指導)でお店を応援しています。

  • キッチンの画像

《大阪府・104席規模》 居酒屋店(2020/06更新)

規模

テーブル104席

立地

駅前居酒屋

お客様の声

日頃の当たり前が、外部の訪問検査(食品衛生管理サポート)を導入したことで、間違った管理だったと気づきました。料理の提供がどこか事務的になっており、口に入れるものの大事さを改めて意識しないといけないと思いました。

管理スタッフのコメント

店舗内は一見清潔そうに見えたのですが、訪問させて頂くと日頃の清掃が出来ていない状態で前日のラスト清掃を強化する必要があります。居酒屋店は営業時間が深夜になることがあり、ラスト清掃時には人的問題があります。しかし、不十分な衛生管理により厨房内は細菌の繁殖、害虫誘因など不衛生な状態を招いてしまいます。
また食材にも影響を与えますので、こちらの居酒屋店舗様に合わせた清掃計画についてサポートさせて頂きました。
またメニューも多いので、食材グループごとに適切な保管方法もサポートさせて頂きました。

今後も毎月一回、訪問検査で衛生管理のサポートをさせて頂き、衛生的でお客様に安心してお食事を楽しんでいただけるお店になるよう応援します。新型コロナウイルスによりウイルス感染対策についての意識も高まっている今だからこそ、一般衛生管理をきちんと実施させれば従業員の新型コロナウィルスに感染するリスクは少なくなると思います。

  • 居酒屋の画像