食品衛生管理や衛生指導管理はマインズマックにお任せください

衛生指導管理の必要性

  • 衛生指導管理の必要性
  • MAC導入のメリット
  • MACの考え方
  • HACCPとは
  • 導入の流れ
  • 微生物検査
  • 食中毒事例(新聞記事より)
  • 食中毒によるPL保険支払事例
  • 食品衛生用品
  • 殺菌水生用製剤 ステリ・アップ
  • 会社案内
  • トップページへ
  • お問い合わせ

今求められる食の安全とは

衛生管理を強化しお客様を集めましょう

食品流通業界の経営は、常に衛生管理状態に注力しないとお客様が減少してしまいます。
理由は2つあります。

  1. 衛生管理状態が良いと加工する食材や調味料に品質劣化が少なくなります。逆に衛生管理状態が悪いと品質劣化のスピードが早くなります。品質劣化した食材や調味料を使用すると味覚も悪くなり、お客様は、自然に離れてしまいます。

  2. 「綺麗な工場、厨房、客先」にお客様が集まる時代です。
    常に新鮮、衛生的で美味しい物を提供していればお客様を集客出来る事がキーワードです。

衛生管理・綺麗なお店、キッチン、全て清潔な環境が大切です。
この為に、何を実施すれば良いのかは、整理、整頓、清掃、清潔、そして従業員の躾(しつけ)で、これを「5S」と一般的に言われています。

これらは昔から言われていましたが、単に口でこれらを言う事から、もう少し具体的にどういった
方法でやれば良いのかが判り、効果を上げる為に作られた手法が「一般的衛生管理」「リテールHACCP」になってきます。

今、求められる、食の安全とは?

また、これからの時代は、クリーンネス(cleanness)から、クリンリネス(cleanliness)を求められています、英訳では、「清潔」と訳される、この二つの言葉ですが、実は、意味合いが大きく違います、クリーンネスは汚れているから、清潔にすることで、それに対し、クリンリネスは汚れていてもいなくても清潔にしておくことを意味します。清潔を実施する上では、どちらも重要ですが、後者のクリンリネスに焦点を当てることによって、現場は変わり、より一層、お客様が集まるお店となります、そのためにも、継続的な衛生管理を実行することが、重要となり、5S(整理、整頓、清掃、清潔、躾)の土台をしっかりと確立させることが必要です。

食材の新鮮さ、美味しさは、衛生管理状態が悪いと、品質劣化も速まり、結果、鮮度が落ち、消費者の信頼を裏切ることになります。

必要とされる基本清掃のマニュアル化を実施し衛生管理の構築にご協力をさせて頂きます。

有限会社マインズ・マック